ページトップへ

バロックザール
トップ » 青山音楽賞トップ» 2013年度第23回 音楽賞受賞者プロフィール
2013年度 第23回 青山音楽賞 受賞者プロフィール
AOYAMA MUSIC AWARDS 2013
2013年度 新人賞受賞
清永 あや / ヴァイオリン
受賞公演:2013年4月14日(日)開催
《清永あや 無伴奏 ヴァイオリンリサイタル》
清永あや
神戸市出身。第74回日本音楽コンクール第2位。2008年度J&A.Bears Solo Bach Competition1位及び聴衆賞受賞。第17回京都芸術祭奨励賞。第10回松方ホール音楽賞大賞。東京交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、神戸市室内合奏団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、イ・ポメリッジ・ムジカーリなど、国内外数々のオーケストラと共演。NHK-FM名曲リサイタル、London Northan Music Festival、ヴィオラスペース、第19回ABC新人演奏会、第82回読売新人演奏会など出演多数。これまで工藤千博、小栗まち絵、宗倫匡、ジェル ジ・パウク、玉井菜採、川田知子の各氏に師事。室内楽をマイケル・デュセック、山崎伸子、川崎和憲、松原勝也の各氏に師事。ロームミュージック ファンデーションより奨学金を受け、英国王立音楽院にて学ぶ。相愛大学音楽学部首席卒業。在学中、明治安田生命より奨学金を受ける。現在、東京藝術大学大学院修士課程に在籍。
受賞公演フライヤー
清永あや 無伴奏 ヴァイオリンリサイタル

▲拡大版は画像をクリック

2013年度 新人賞受賞
崎谷 明弘 / ピアノ
受賞公演:2013年11月30日(土)開催
《崎谷明弘 ピアノリサイタル》
清永あや
神戸市出身。ヤマハマスターコース/県立西宮高校音楽科を修了後、渡仏。フランス国立パリ高等音楽院にて、入学から卒業まで一貫して満場一致での首席の成績を修める。同音楽院室内楽科も修了。ピティナ•ピアノコンペティション特級や日本音楽コンクール等の国内コンクールに上位入賞し、全日本学生音楽コンクール全国大会、カラブリア・リヨン両国際ピアノコンクールで優勝。2013年には第59回ブゾーニ国際ピアノコンクールにて第3位に入賞する。日本•欧州を中心に精力的な演奏活動を展開。指導者としても各地で招聘され、コンクール審査員も務める。DPIC Entertainment.社より、「ベートーヴェン ピアノソナタ全集•第1巻」をリリース。大阪交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ハイドンオーケストラ等、国内外のオーケストラと、小林研一郎、C.クルス、A.フェイゲン氏らと競演多数。これまでにピアノを渡辺純子、鳥居知行、C.ソアレス、荒木美佳、J.ルヴィエ、迫昭嘉の各氏に、ソルフェージュ•楽曲分析を若林千春、横田秀孝の各氏に師事。ヤマハ音楽支援制度奨学生。現在、東京藝術大学修士課程在籍。
受賞公演フライヤー
崎谷明弘 ピアノリサイタル

▲拡大版は画像をクリック

2013年度 音楽賞受賞
西谷 牧人 / チェロ
受賞公演:2013年1月14日(月・祝)開催
《西谷牧人 チェロリサイタル》
清永あや
5歳よりスズキメソードにてチェロを始める。県立奈良高校卒業後、東京藝術大学音楽学部を経て、同大学院修士課程を修了。その後2002年よりアメリカのインディアナ大学にて研鑽を積み、パフォーマーディプロマコースを修了。これまでにチェロを杉山実、河野文昭、菊池知也、堤剛、ヤーノシュ・シュタルケルの各氏に師事。また、ヨーヨー・マ氏を始めとする数多くのチェリストのマスタークラスを受講。2005年に帰国し、佐渡裕氏率いる兵庫芸術文化センター管弦楽団(PACオーケストラ)に第1期生として入団。2008年度の兵庫県立芸術文化センター・ワンコインコンサートNo.1アーティストに選ばれ、記念リサイタルを開催。また2012年にはピアニストの練木繁夫氏を迎えて京都バロックザール、浜離宮朝日ホールにてリサイタルを行い、好評を博した。これまでに、ソリストとしての佐渡裕、秋山和慶、尾高忠明、三ツ橋敬子各氏らとの共演や、大谷康子弦楽四重奏団の一員として活躍するなど、多岐に渡る演奏活動を展開している。2008年より東京交響楽団首席チェロ奏者、及び東京藝術大学チェロ科非常勤講師。
受賞公演フライヤー
西谷牧人 チェロリサイタル

▲拡大版は画像をクリック

2013年度 音楽賞受賞
窪田 健志 / 打楽器
受賞公演:2013年12月22日(日)開催
《窪田健志 パーカッションリサイタル》
清永あや
大阪生まれ。長野県上田高校を経て、東京藝術大学卒業後、同大学院修士課程修了。2002年東京佼成ウインドオーケストラ アジア公演を皮切りに、様々なオーケストラメンバーとしてシンガポール、チェコ、ドイツなどで演奏。日本管打楽器コンクール第2位。PMF、別府アルゲリッチ音楽祭、小澤征爾音楽塾オペラ公演などに参加。芸大フィルハーモニアと打楽器コンチェルトを協演。歌手 谷村新司と奈良、東大寺での演奏や、フジテレビ系列「のだめカンタービレ」出演、演技指導、CD録音など、活動は多岐に渡る。2010年(公財)名古屋フィルハーモニー交響楽団ティンパニ・打楽器奏者に就任。現在、首席奏者を務める。2012年より洗足学園音楽大学非常勤講師。2013年には電気文化会館・東京文化会館・京都青山音楽記念館で、リサイタルを開催。名古屋公演に対して名古屋市民芸術祭ベスト・アーティスト賞受賞。「くぼった打楽器四重奏団」「パーカッション・ギャラリー」「パーカッシヴ・フォース」各メンバー。
受賞公演フライヤー
窪田健志 パーカッションリサイタル

▲拡大版は画像をクリック

2013年度 バロックザール賞受賞
吉岡 孝悦 / 作曲・マリンバ
受賞公演:2013年3月24日(日)開催
《吉岡孝悦作曲 マリンバ打楽器アンサンブル作品演奏会京都公演》
清永あや
4歳からピアノ、7歳からマリンバ、9歳から打楽器、10歳から作曲を始める。マリンバを安倍圭子、作曲を別宮貞雄、三善晃、平吉毅州の各氏に師事。桐朋学園高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。ニュー イングランド音楽院留学。アメリカ、ウクライナ、メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、グァテマラ、ブラジル、トルコ、タイ、台湾、中国、韓国、北朝鮮の音楽祭等に出演、マスタークラスを開催。日本フィルハーモニー、東京交響楽団、ウクライナフィルハーモニー、カルロスチャベス交響楽団と自作のマリンバ協奏曲を協演。シンシナティ大学国際作曲コンクール優勝。PAS国際作曲コンクール優勝。村松賞受賞。文化庁芸術祭大賞受賞。日本木琴協会特別会員。日本作曲家協議会会員。国立音楽院講師。



受賞公演フライヤー
吉岡孝悦作曲 マリンバ打楽器アンサンブル作品演奏会京都公演

▲拡大版は画像をクリック

2013年度 バロックザール賞受賞
Duo bel Sogno / ヴァイオリンデュオ
中村 公俊 / ヴァイオリン
中村 仁美 / ヴァイオリン
受賞公演:2013年11月17日(日)開催
《Duo bel Sogno Violin Duo Concert Vol.9》
清永あや
Duo bel Sogno(デュオ・ベル・ソーニョ)
中村公俊と仁美の兄妹によるヴァイオリンデュオ。伴奏を伴わないヴァイオリン2台だけの演奏が特筆すべき特色。2009年以来、年2回のデュオコンサートは、兄妹ならではの美しいハーモニー、息の合った緻密なアンサンブル、掛け合いの面白さを感じることができると好評を博している。従来取り上げられることの少なかった、古典から現代にいたるヴァイオリン二重奏曲のみでプログラムを組み、その美しさや楽しさを紹介しつつ、新作を委嘱し、新たな可能性にも挑戦している。本年5月11日に京都府民ホールALTIで第10回記念コンサート、第11回を11月23日にバロックザールで開催予定。世界初録音となるマルティヌーやオベールのデュオ曲を含んだCDを5月に発売予定。bel Sognoとはイタリア語で"美しい夢"。

中村公俊
京都市立音楽高等学校、京都市立芸術大学、同大学院器楽専攻修了。香西理子、片山晶子、岸邉百百雄、四方恭子の各氏に師事。栗東さきらジュニアオーケストラ講師。

中村仁美
同志社女子大学学芸学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。在学中、石村雅子賞を受賞。香西理子、片山晶子、亀田美佐子の各氏に師事。ヤマハPMS講師。
受賞公演フライヤー
Duo bel Sogno Violin Duo Concert Vol.9

▲拡大版は画像をクリック