ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » ヴェンツェル・フックス “クインテット” 川田知子×直江智沙子×大島 亮×辻本 玲
コンサートスケジュール Concert Schedule
主催:公益財団法人青山音楽財団
ヴェンツェル・フックス “クインテット”
川田知子×直江智沙子×大島 亮×辻本 玲
開催日時:2018年 6月29日(金)19:00開演(18:30開場)
出演者 ヴェンツェル・フックス(クラリネット)
川田知子(ヴァイオリン)
直江智沙子(ヴァイオリン)
大島 亮(ヴィオラ)
辻本 玲(チェロ)
演奏曲目 ◆モーツァルト/クラリネット五重奏曲 イ長調 K. 581
◆ブラームス/クラリネット五重奏曲 ロ短調 op.115
入場料 ¥4,500【全席指定】
※販売中
※チケットの購入上限枚数は、1回につき4枚までとさせていただきます。
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎ローソンチケット ☎0570-000-407(Lコード 56360)
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 107-747)
※未就学児入館不可
ヴェンツェル・フックス クインテット 川田知子×直江智沙子×大島 亮×辻本 玲▲拡大版は画像をクリック
ヴェンツェル・フックス Wenzel Fuchs クラリネット
オーストリア・インスブルック生まれ。名門音楽一家に生まれ、子どものころからすでに様々な管楽アンサンブルでクラリネットを吹いてきた。ウィーン音楽大学で学び、オーストリア科学芸術省賞を受賞。この頃ウィーン・フィルで演奏する機会を得ている。ウィーン・フォルクスオパーの首席クラリネット奏者、オーストリア放送(ORF)交響楽団の首席クラリネット奏者を歴任し、1993 年にベルリン・フィル首席クラリネット奏者に就任。ベルリン・フィルの活動に加えて、ソリスト及び室内楽奏者としても活躍しており、ベルリン・ フィルハーモニー管楽アンサンブル、ベルリン・フィル木管ソロイスツ、ベルリン・フィル八重奏団、フィルハーモニック・フレンズ・オブ・ウィーン=ベルリン等で演奏している。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団アカデミーで教えるほか、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンで教授、日本の東京藝術大学卓越教授及び岡山の作陽音楽大学の客員教授、上海音楽院の名誉教授などを務め、世界中でマスタークラスを行っている。
川田 知子 Tomoko Kawada ヴァイオリン
東京藝術大学音楽学部器楽科を首席で卒業。1991年第5回シュポア国際コンクール優勝。NHK交響楽団や、モスクワフィルハーモニー交響楽団など、国内外のオーケストラにソリストとして起用され、好評を博している。2003年度、第33回エクソンモービル音楽賞、洋楽部門奨励賞受賞。平成15年度国際交流基金日本文化紹介派遣事業でのトルコ、エジプトでのリサイタルを行い、2007年には、ハンガリーのブダペストでのリサイタルが絶賛された。10年目を迎えるチェンバロの中野振一郎とのデュオの他、様々な器楽奏者との共演に意欲的に取り組んでいる。マイスター・ミュージックより8枚のCDが発売されている。洗足学園音楽大学講師。
直江 智沙子 Chisako Naoe ヴァイオリン
桐朋女子高等学校を経て桐朋学園大学を卒業。小澤征爾音楽塾、サイトウキネン若い人のための勉強会、宮崎国際音楽祭、水戸室内管弦楽団、JT室内楽シリーズ、東京のオペラの森、サイトウキネンフェスティバル松本、プロジェクトQなどに参加。これまでに徳永二男氏に師事。ロームミュージックファンデーションの奨学金を得てベルリンに留学、シュテファン・ピカール氏に師事。現在神奈川フィルハーモニー管弦楽団第2ヴァイオリン首席奏者。
大島 亮 Ryo Oshima  ヴィオラ
桐朋学園大学卒、同大学研究科修了。岡田伸夫氏に師事。また、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ロバート・マン各氏の指導を受ける。第11回コンセール・マロニエ21弦楽部門第1位。第7回東京音楽コンクール弦楽部門第1位。第42回マルクノイキルヘン国際コンクールディプロマ賞受賞。ヴィオラスペース、ラヴェンナ音楽祭、木曽音楽祭、サイトウキネンオーケストラ等に出演。ソリスト、室内楽奏者として積極的に活動するほか、各地セミナーで講師を務めるなど後進の指導にもあたっている。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。
辻本 玲 Rei Tsujimoto  チェロ
1982年生まれ。7歳よりチェロを始める。11歳まで米国フィラデルフィアで過ごし、東京藝術大学音楽学部器楽科を首席で卒業(アカンサス音楽賞受賞)。2003年、第72回日本音楽コンクール第2位、併せて聴衆賞受賞。2007年度青山音楽賞新人賞受賞。ロームミュージックファンデーションより奨学金を得て、シベリウスアカデミー(フィンランド)、ベルン芸術大学(スイス)に留学し卒業。2009年、第2回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第3位入賞(日本人最高位)、併せて日本人作品最優秀演奏賞受賞。 2013年、第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。NPO法人イエロー・エンジェルより1724年製作のアントニオ・ストラディヴァリウスを貸与されている。