ページトップへ

バロックザール
トップ » コンサートスケジュール » 樫本大進&キリル・ゲルシュタイン
コンサートスケジュール Concert Schedule
主催:公益財団法人青山音楽財団
樫本大進&キリル・ゲルシュタイン
開催日時:2018年 6月27日(水)19:00開演(18:30開場)
出演者 樫本大進(ヴァイオリン)
キリル・ゲルシュタイン(ピアノ)
演奏曲目 ◆モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ K. 378
◆R. シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op. 18
◆ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 op. 12-2
◆ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 op. 108
入場料 ¥5,000【全席指定】 ※予定枚数終了
チケット販売 ◎青山音楽記念館 ☎075-393-0011
◎ローソンチケット ☎0570-000-407(Lコード 56323)
◎チケットぴあ  ☎0570-02-9999 (Pコード 107-751)
※未就学児入館不可
樫本大進&キリル・ゲルシュタイン▲拡大版は画像をクリック
樫本 大進 Daishin Kashimoto ヴァイオリン
ロンドン生まれ。1996年のフリッツ・クライスラー、ロン=ティボーの両国際音楽コンクールでの1位など、5つの権威ある国際コンクールにて優勝。ドイツを拠点にソリストとして活躍する傍ら、2010年よりベルリン・フィル第1コンサートマスターの任にある。使用楽器は1674年製アンドレア・グヮルネリ。3歳より恵藤久美子に学び、7歳でジュリアード音楽院プレカレッジに入学、田中直子に師事。11歳の時、名教授ザハール・ブロンに招かれリューベックに留学し、20歳よりフライブルク音楽院でライナー・クスマウルに師事。これまで、マゼール、小澤征爾、ヤンソンス、ラトルなど著名指揮者のもと、国内外の著名な数々のオーケストラと共演を重ね、その中にはベルリン・フィルとの共演も含まれる。室内楽では、クレーメル、バシュメット、堤剛など世界有数のソリストと共演。2007年、兵庫県で室内楽音楽祭「ル・ポン」を音楽監督として創設し、毎年話題を呼んでいる。レコーディングでは、2013年までに取り組んだベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏が世界リリースされており、高評を得ている。1995年アリオン音楽賞、1997年出光音楽賞、モービル音楽賞、1998年新日鉄音楽賞フレッシュアーチスト賞、平成9年度芸術選奨文部大臣新人賞、2011年兵庫県文化賞、チェンジメーカー2011クリエーター部門、ドイツに於いてはシュタインゲンベルガー賞、ダヴィドフ賞を受賞。
キリル・ゲルシュタイン Kirill Gerstein ピアノ
ロシアのヴォロネジ生まれ。14歳で渡米し、史上最年少でバークリー音楽大学の学生となる。第10回アルトゥール・ルービンシュタイン・ピアノ・コンクール優勝。2010年、ギルモア・アーティスト・アワード受賞。ティモ・アンドレス、チック・コリアらに新曲を委嘱。これまでに、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンツェルトへボウ管、ニューヨーク・フィル等、数々の著名な楽団と共演。2010年にリリースされた最初のソロ・アルバムは、ニューヨーク・タイムズ紙により最優秀録音賞に選ばれた。2015年には世界初録音となったチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(1879年版)をリリースし、エコー・クラシック賞を受賞。好奇心旺盛で多才なキリル・ゲルシュタインは、これまでに幅広いレパートリーとスタイルを開拓してきた。バッハからアデスに至るまで、彼の演奏は、鋭い洞察力、卓越した技量、そして表現の明解さにより、他と一線を画している。